メルラインの効果はあるの?

メルラインの効果はあるの?

メルラインは、何度もできてしまう顎やフェイスラインのニキビに効果を発揮する薬用化粧品です。

「薬ならともかく、オールインワンジェルで本当にニキビ対策ができるの?」と不思議に思うかもしれませんが、メルラインは単なるスキンケア化粧品ではなく医薬部外品ですので、ニキビの予防や対策に十分な効果が期待できます。


医薬部外品は薬事法に基づいて分類されていて、厚生労働省が認可した有効成分を配合しています。

メルラインでは、グリチルリチン酸2Kと水溶性プラセンタエキスを有効成分として加えていて、その他に配合されている美容成分で肌を整えながら、ニキビや肌荒れを防ぐ効果を高めています。


ところで、メルラインに入っている2つの有効成分は、肌に対してどのような働きをしているのでしょうか?グリチルリチン酸2Kは生薬の甘草に含まれていて、菌の繁殖を抑える働きがあるため、皮脂分泌が盛んでニキビできやすい脂性肌に効果的な成分です。

肌に対して刺激が少なく、ニキビや肌荒れによる炎症を鎮める働きもあるので、刺激に耐性がない敏感肌向けの化粧品でも多く利用されています。


もう一つの有効成分である水溶性プラセンタには、肌を構成しているアミノ酸やビタミン、新陳代謝に関わっているミネラルや核酸、酵素などの成分が含まれています。

年齢肌のケアや日焼け後の肌を整える目的でも使われていますが、その理由はプラセンタに含まれている成長因子に秘密があります。

成長因子は細胞の分裂と増殖に関わっている物質で、ダメージを受けた肌を修復して再生する働きを持っています。

新陳代謝を活性化して、紫外線や摩擦によってできてしまった色素の排出を促す働きがあるため、美白のために使われることもあります。


顎やフェイスラインに発生するニキビの多くは、肌の乾燥または肌内部の水分と油分のバランスが崩れてしまうことが原因になっています。

乾燥が原因になっている場合は、水分不足で肌が硬くなり、角質が厚くなって毛穴を塞いでしまうことによってニキビができてしまいます。

一方で水分バランスが崩れている肌は、水分の蒸発を抑えるために皮脂分泌が盛んになり、菌が繁殖しやすくなってニキビが発生しやすい状態になってしまいます。


このオールインワンジェルには保湿成分がたっぷり入っているので、水分不足で硬くなってしまった肌と、皮脂が多くなってしまった肌の両方にアプローチできるオールインワンジェルです。

肌にうるおいを与える保湿成分は10種類もあり、様々な角度から乾燥を防ぐ効果が期待できます。


肌の水分量が少なくなってしまうと、スキンケアのために肌に触れているだけでも刺激になってしまうことがあり、その影響でメラニン色素が大量に発生して、肌のくすみや黒ずみが目立ってくることがあります。

特に顎やフェイスラインにニキビができてしまうと気になってつい触ってしまうため、肌に負担がかかってしまい炎症や黒ずみがますますひどくなってしまうこともあります。

このようなくすみや黒ずみ対策のために、メルラインには有効成分の水溶性プラセンタの他にも、加水分解コメヌカエキスやビサボロール、VCエチルといった肌の白さを引き出す成分が配合されています。


さらに、ニキビや肌荒れによって乱れてしまったキメや凹凸をカバーするためのコラーゲンや、コラーゲンの生成を促進する働きが確認されているスターフルーツ葉エキス、紫外線によって発生する酵素を阻害する成分を含むヒメフウロエキスを配合し、ふっくらとした肌に整えるサポートをしてくれます。


このように、メルラインはニキビの原因になる乾燥や水分バランスの乱れを有効成分と保湿成分で抑えながら、美容成分で肌の質感を高めていくオールインワンジェルになっています。

ニキビ対策と美肌対策の2つのケアが同時にできるので、簡単なスキンケアだけで肌を変えていきたい方におすすめです。

このページの先頭へ