ニキビ跡が残らないようにするには?

ニキビ跡が残らないようにするには?

ニキビ跡は一度できてしまうとなかなか消すことができません。


ニキビにはいくつかの種類がありますが、その中でも赤ニキビと呼ばれる炎症が発生しているニキビに関しては処理方法を間違えるとくっきりとしたニキビ跡が残ってしまいます。


ニキビ跡はその原因によって2種類に分かれています。


一つはメラニン色素が沈殿してしまうことで茶色いニキビ跡ができてしまうタイプで、先ほどの赤ニキビの炎症により体内に活性酸素が発生してしまうことで発生した古いメラニン色素が肌のターンオーバー前に沈殿してしまうことで皮膚にシミが残ってしまうようになるものです。


もう一つのニキビ跡の種類としてはクレータータイプと呼ばれるものがあります。


これは炎症が原因で発生したニキビの菌と体内の白血球が争うことで発生したカスがうみになって体内から排出される際に毛穴を壊すことでクレーター状の後になることからクレータータイプと呼ばれています。


跡を残さないようにする方法はその種類によって変わってきます。


色素が沈殿するタイプの症状への対処法としてはメラニンを体内から排出するような美白成分をもつ化粧品を利用することが挙げられます。


メラニンを体内から排出する効果があると言われているものとしては、抗酸化作用があり皮脂の分泌を制御することでメラニンの生成を抑える事ができるビタミンCや皮膚内でメラニンを生成する命令を出す物質を抑える効果があるカモミールの葉から取れるカモミラET、コケモモに含有されているアルブチン、麹から作ることができるコウジ酸が主にメラニンに効果的と言われているので、これらを含む成分が入っている化粧品を選ぶとよいでしょう。


このように一言で美白化粧品と言ってもその成分には様々なものが利用されていますので、購入の際にはしっかりと成分を確認しましょう。


医薬部外品に分類されている化粧品であれば厚生労働省がその安全性と効果の確認を行っているので、医薬部外品から選ぶとよいでしょう。


今まで美白化粧品を使用したことのない方は、最初は美容液から試してみましょう。


色素沈着に関してはこれ以外にも角質をしっかり取り除くようなケアを同時に行うと効果的です。


そして外部からだけでなく食品などで内部からもビタミンCのような美白成分を摂取するようにすればより効果が上がります。


もう一つのクレータータイプの跡に関してはピーリング効果があると記載されている洗顔料を利用して古い角質を取り除くことが効果的です。

このページの先頭へ