ニキビが出来る原因

ニキビが出来る原因

ニキビが出来やすいことで悩んでいる方は、原因を考えていくことも大切です。

ニキビが出来る原因としては、生活習慣や食生活、ストレスなどが挙げられます。

その他にも生活環境、季節などによっても肌が荒れやすい、乾燥しやすい状況なども影響を受けることがあります。

また、よく外出などをする場合には、紫外線により肌に対してダメージとなりニキビなど肌が荒れやすい原因になることもあります。


生活習慣の場合には、ホルモンバランスが乱れることで皮脂の分泌量が増加してしまうと、毛穴を皮脂が詰まらせてしまいニキビの原因になることがあります。

生活リズムが乱れている、睡眠不足の場合にはホルモンバランスが乱れることがあるため、自分の生活習慣を振り返り、心当たりがある場合には改善をしていくことが重要です。


また、運動不足などの場合、体を動かすということが苦手で自宅で過ごすことが多い場合には、血流の悪化につながることがあります。

血液の流れが悪い場合には、肌荒れしやすく、肌に対して栄養を運ぶ役割がある血液がスムーズに流れていないことで肌にしっかりと栄養が行き渡らないことがあります。

そのため、適度な運動をする習慣を生活の中に取り入れていくことも大切です。

ですが、激しい運動をしてしまうと、体への負担が大きいため、最初は軽めの運動から始めて、少しずつ運動量を増やしていくようにしましょう。


食生活では、栄養バランスを考慮した食事をすることが重要です。

偏りのある食事では栄養の偏りができてしまい、栄養不足に陥りやすいため、栄養のバランスをきちんと考えて食生活をすることで自身の体のため、そして肌に対しても栄養が不足しないように心がけていくことが大切です。


そして、日頃から私生活や仕事などによりストレスを感じやすい場合には、ホルモンバランスが乱れやすく、自律神経などにも影響を及ぼすことがあります。

ホルモンバランスはもちろんのこと、自律神経が乱れてしまう場合には、発汗作用などに影響が出てしまい、汗のかく量や汗が体の一部だけ極端に汗をかいてしまうような症状を引き起こすこともあります。

このような状態は、肌環境の悪化につながり、肌の表面に雑菌が繁殖しやすくなります。

その影響で肌荒れ、ニキビなどができやすくなる傾向もあるため、ストレスなども適度に発散できる生活状況を作ることや、ストレスを溜め込まないようにするために、適度に気分転換をしていくことも対策につながります。

このページの先頭へ