大人ニキビと思春期ニキビの違い

大人ニキビと思春期ニキビの違い

ニキビには赤や黒など色で判断することがありますが、大人ニキビと思春期ニキビとも区別されることがあり、どのような違いがあるのか疑問に思うことがあります。

まず、思春期ニキビは10代の頃にできるもので、男性ホルモンがたくさん分泌されその影響で、皮脂も過剰に分泌されるため毛穴が詰まりアクネ菌が増殖しニキビができてしまいます。
ホルモンの影響もあり、成長期でもあるので、ホルモンのバランスが整ってくると次第に落ち着いてくるのが特徴ですが、あまりの痒さにひっかいたりすると跡が残ってしまうこともあります。
できやすい場所も大人ニキビと違って皮脂の分泌が盛んな額や鼻、ほほとなっています。

一方大人ニキビは20代を中心にでき、睡眠不足やストレス、不規則な食生活、飲酒、喫煙、間違ったスキンケア、化粧品の影響、ホルモンバランスの影響と様々な原因があります。
一人一人原因が異なるのが特徴で、一つに絞れないためなかなか治りにくいことがあります。
もっとも考えられる原因としては食生活とストレスで、この2つの影響によって肌のターンオーバーが促されず古い角質層がどんどん蓄積され、毛穴が詰まりやすくなっています。
できる場所も顎や首筋、フェイスラインのことが多いです。

対策方法も異なります。
思春期ニキビの場合は、洗顔を正しく行い、皮脂の量と肌の水分量を適切にすることが大切となります。
ごしごし洗うのはかえって肌を傷つけてしまうので専用の洗顔フォームでそっと洗うのがポイントとなります。
洗顔の際は、あまりにも洗いすぎてしまうと逆に肌を守ろうとして皮脂が分泌されてしまうので注意が必要となります。
また、炎症を起こさないように塗り薬などを上手に用いることも大切となります。

大人ニキビの場合は、生活習慣や食生活を見直す、ストレスをうまく逃すということが必要となります。
食生活においてはファストフードなど脂っこい食べ物やアルコール、カフェイン、ケーキなどの糖分が多いものを食べたり飲みすぎたりしてしまうとニキビができやすくなります。
再発するのが特徴で、食生活がほんの少し乱れただけでも再びできてしまいます。
そのため、日ごろから規則正しい生活を心がけ、食べ物もビタミンが豊富なものを選んで食べるようにしましょう。
柑橘系やブロッコリーなどの野菜に多く含まれているビタミンCはもちろんのこと、ビタミンBやビタミンE、食物繊維といった栄養素を食事に摂りいれるようにします。

このページの先頭へ